2018年7月14日土曜日

Min iSTXマザーボード「DeskMini 310/B/BB/JP」を組み立て

 2016年に購入した Core i7-6770HQ搭載 のIntel NUC BOXNUC6I7KYK は2世代前のCPUとはいえ、QSVによるH.264エンコード、出先で撮影・編集・レンダリングまた静止画の画像加工などなど小回りが利くサイズで重宝していました。
しかしハード、ソフトなど原因は不明ですが「Adobe Premiere Pro CC 2018」のプロジェクト設定のレンダラー項目で「GPU アクセラレーション(OpenCL)」を有効にすると画面が乱れてしまい無効にすると解消しますがそれでは編集がもたついてしまいます。

  さらに高価なCPUグリスの効果も気休めでエンコード時の爆熱平均95℃(時折100℃オーバー)の長時間のエンコードでも完走はしますが時と場合(撮って出しなど)など心臓によくないことも確かで新たに「DeskMini 310/B/BB/JP」ベアボーンキットで組み立てました。

2018年7月1日日曜日

手振れ補正+Vegas Pro 15による手振れ補正エフェクト

 多少なりとも報酬をいただいて撮影する動画に関しては手振れなどに細心の注意を払って撮影していますが、4K動画に関してはHD時代に気にならなかった細かなブレが気になります。
最近のカメラはレンズとボディーで手振れ補正してくれるので細かいブレなど吸収してくれますが、手荒い操作まではカバーしてくれません・・

 カメラ代わりに持ち歩いているスマホの「HUAWEI P10」LEICAと名乗るだけあって鬼みたいな解像感で4K30pの動画撮影モードでは手振れ補正機能は機能しないために手持ちによる細かい手振れが気になるもので自撮り棒を一脚として使用しています。

2018年6月21日木曜日

今更ながらのVegas Pro 15による バッチエンコード

 個人的な用途で最近よく使うようになったのが「Vegas Pro 15(361)」英語版でH.264、H.265(HVEC)のレンダリングを「Intel QSV」や「NVIDIA NVENC」を使用すると画質もそこそこで、何よりレンダリング速度が劇的に早くなったのが使用頻度が増えた理由です。
しかし「NVENC」によるレンダリングで面倒な編集たとえばピクセルサイズが大きい静止画など使用するとメモリーエラーが発生しレンダリングがストップするなど「NVIDIA」のGPUには様々なバグがあるのも事実ですが、単純にカット編集したプロジェクトは「NVENC」によるエンコードには問題がないので使用しています。実際にレンダリングがどの程度早くなったか「Adobe Premiere Pro 2018」と比較してみました。

「Vegas Pro 15」で編集した4K(3840x2160 ピクセル)23.976 fpsのクリップをカット編集した18分のプロジェクトを「MAGIX AVC/AAC MP4」を選択し「NVENC」使用で下図のカスタムセットでレンダリングすると実時間以下の約16分で完了しレンダリングの遅さでうんざりしていたVegas Proシリーズとは思えない進歩ぶりです。
このプロジェクトを「Export」「Final Cut Pro7・・(*.xml)」でプロジェクトを書き出し「Adobe Premiere Pro 2018」で読み込みエンコーダーにキューを送りレンダリングすると・・

2018年6月15日金曜日

スマホ乗り換え

 かみさんと親しいご近所の奥様がスマホの料金が大幅に値上がりする悩みの相談内容は数年前ガラケーからスマホに乗り換えたら理不尽とも思える高額な料金・・電話番号をそのままで乗り換えができるナンバーポービリでAuに乗り換え、色々な事情があり、端末無料でSBに乗り換え二年契約の後は大幅な料金アップと次のプランで中途解約の違約金が新たに発生するなどの相談の結果、現時点では格安SIMに乗り換えることがベストな選択になりましたが、乗り換える手順を詳しく説明してもチンプンカンプン!そんな感じで代理で手続きを依頼された経緯です。

2018年6月7日木曜日

Windows 10 April 2018(1803)のワークグループについて

 どうでもいい話ですが、投票所の出口調査は何度か受けたことがあり、当選確実の裏付けと誤報では済ませれない事情があり、人生それなりに重ねても一度も受けたことがないのが内閣の支持率などの「世論調査」です。
個人的に世論調査は半日メディアの「偏向報道」が国民の意識浸透に「どれだけ」反映されたかを思っています。

 最近は「Windows 10 April 2018 Update(バージョン 1803)」のアップデート関連で様々な不具合が報告され個人的にも売却先の不具合のサポート、自分のデバイスの不具合など何かにつけ四苦八苦していました。
アップデートに関して、一言注文つけたいのは「今まで使用していた便利な環境を勝手な判断で捨ててくれるな!」あるべきものが無いと結構戸惑ってしまい、個人的には大型アップデートを相手任せにしていると新たにパーティションが勝手に追加されてドライブレターが変更されたり、その他、何かとおかしな挙動するので空き時間を利用して、所有デバイスは優先順位を考慮して「Windows 10」をクリーンインストールしました。

2018年5月26日土曜日

Vegas Pro 15.0.0.361にアップグレード

 あくまで個人的な見解とお断りしたうえで、NLEソフト「Vegas Pro 15」は、NVIDIA GeForce環境ではCPUのコア数が多くても編集にもたつきを感じますが、IntelのCPU内蔵のグラフィックの環境では編集中のプレビューが軽くQSVによるレンダリングは早く、画質もそこそこ「Chrome リモートディスクトップ」で離れて操作できるので「Intel NUC」にインストールしてH.264のレンダリングに時折使用しています。
 何かと問題がある「Windows 10 April 2018 Update(バージョン 1803)」のクリーンインストールするために「Vegas Pro 15」のライセンスを一旦、返納してOSの再インストール後に「Vegas Pro 15」のライセンスが跳ねられてしまいました。
ライセンスが認証されない原因は、ライセンスが他のPCで使用されている、メールアドレスとシリアル番号の不一致などが考えられますがライセンスの管理に関してはシビアに配慮しており、不正使用など身に覚えがない、ここで泣き寝入りする気はサラサラないので、過去のやり取りから判断して、ライセンスのリセットを申し出たら2日後にサポートメールで「Thank you for successfully registering for this product:」の連絡があり再び使用できるようになりました。

2018年5月9日水曜日

「Windows 10 April Update 2018」に(KB4103721)にしたら起動しない!

 本日は朝からPCと格闘する羽目になりました、それは何も考えず「Windows 10 April Update 2018」にアップデートでしたばかりのPCに(KB4103721)のアップデートに更新したための悲劇で嫁さんのPCを含み3セットのPCに電源を入れてもドットがクルクル回るばかりで一向に起動する気配がありません・・

以下、我流中の我流の修復の手順で、IntelのNUCはこの出順はできませんでした!
起動できないトラブルは「セーフモード」で起動出来たら何とか修復できるのでですが、以前のバージョンのWindowsは起動時に素早く「f8」を押したら「セーフモード」起動してトラブルシューティングの役に立ったのですが「Windows 10」を「セーフモード」で起動するにはかなりややこしい手順を踏まないと出来合くなりました。

2018年4月11日水曜日

M.2 SSDに冷却ファン装着

 前々回、M.2 SSDにヒートシンクを取り付けたら、それなりの効果があることを記事にしましたが、実効果は室温プラス約40℃で、これから夏場にかけて気温が高くなりヒートシンクだけでは気休めに過ぎず、やはり熱暴走などを心配すると、やはり冷却はファンによる送風が王道と考え冷却ファンX-FAN 25mm角×10mm厚ファン RDM2510Sの装着を検討していました。
 規格が古くなり使用しなくなったPCのパーツを整理していたらUSB2・S-ATA接続で3.5”HDDケース2セットほど見つかり、よく見ると2.5mmの冷却ファンが装着してあり電圧も5Vで、これを取り外しヒートシンクの冷却用に使用することにしました。
取り付けは結束バンド2本使用し2本目の穴に差し込み固定し、バンド部分を切断して取り付けました。

2018年4月5日木曜日

Premiere Pro CCがアップデート「カラーホイールとカラーマッチ」を試す。

 Premiere Pro CCがアップデートされ、主な内容は、特定シーンの色調を他のシーンに合わせられるカラーマッチや、H.264デコード/エンコードの高速化に対応し。また、
H.264映像のエンコードは「IntelのQuick Sync Video」に対応しハードウエアの恩恵を受けられますが2パスVBRではソフトウエアエンコードになります。

手軽にタイトル作成が可能となる「エッセンシャルグラフィックスパネル」は、「スマートリプレイス機能」も追加されテロップの内容(カラーなど)やフォントを一括で変更できるようになり確かに手軽ですが、凝ったことをすると編集が重くなるので、あまり個人的には好きになれません。

Adobe Senseiが追加され、自動ダッキング機能としてAdobe Audition CC 2018にはAIで音量を調整する機能がすでに搭載されていましたが、これは会話・インタビュー中にBGM音量を自動的に落とし会話等を聞きやすくし、会話が途切れるとBGM音量を上げると本来オーディオトラックにエンベロープを表示させていうキーフレームを打ち込んで音量を調整する面倒な作業を自動化できるようになり、ブライダルの「撮って出し」の編集では音声として使用するメッセージやお礼の挨拶のシーンの編集では実にありがたい機能です。

2018年4月4日水曜日

M.2 SSDの使い道

 パソコンのパーツの中でメモリーなどのパッケージに「永久保証」の文言を見かけますが、メモリー規格はDDR2->3->4と次々と進化しているだけに今時、2GBのDDR2のメモリーを搭載しているPCを使用しているのは極一部で、規格が次々と新しくなるPCのパーツだからこそ永久保証とアナウンスできる特殊性がある気がします。

近年、HDDやSSDに関しては3年のメーカー保証の製品が増えており、2年ほど使用したイイヤマの4K液晶モニターが故障した時も助かりました。
ところが編集用PCに装着していたM.2(エムツードットツー)SSDにインストールしたWindows 10 proがフリーズしたため、リセットボタンを押し再起動したらPCにシステムディスクがないので起動できないエラー、BIOS画面を起動して確認してもSSDを認識していません・・・3年保証があり何とかなると購入証明書(納品書)を見ると購入して3年2ヵ月が経過しており・・残念!