2017年9月19日火曜日

Vegas Pro 15 基本の基本

 筆者の予想を裏切り「Vegas Pro 15」はソースネクスト様からいきなり1000本限定で88%オフで発売されました・・
最上位版のVegas Pro 15 Suiteは大幅割引で12,800円で入手できますが、本家のSuiteとは構成が大幅に異なり「NewBlueFX Titler Pro 5」「サファイア」など特別におまけでついてくる高価なプラグインの有無で、国内の叩き売りの製品にそこまで期待するのは虫が良すぎる話で世の中そんなに甘くありますん。
英語版使用が前提ですが本格的に業務用途で、必要経費で購入できるのであれば本家から購入した方が得かもしれませんSapphireがOFXのみですが入手するには1,695ドルが必要で安い買い物かもしれません?

 筆者も叩き売りに便乗して事前予約でポチっていましたが9月14日にアクティベーション用のライセンスがメールで届いたので、今回は日本語版を使用することにし英語版の体験版をアンインストールし(VEGAS_Pro_15.0.0.184_JP_Trial_x64)をインストールしライセンス認証を済ませました、確か英語版はBuild177だったような・・。

以下、少々独断と偏見で・・

2017年9月10日日曜日

YI 4K+ Action Camera は?

 収録のサブカメラとしてイベント、祭り、プライダル等に何かと重宝して使用しているGoPro HERO4 ブラックですが収録の関係で1セット追加で必要になり、GoPro HERO5にするか迷ったのですが、今回はGoProキラーと呼ばれ4K/60pの言葉に反応してYI 4K+を選択しポチったのが8月23日です。
発送元は中国で一応トラッキング番号を知らせてきましたが発送元がベルギーとなっており荷物はどこをどのようにうろついているか全く音沙汰なしで、DHL Express Shipmentsで9月7日に香港に商品が届いた通知以降はとんとん拍子で9月8日に関空、福岡、9日午前中に届き、中国発送元で覚悟はしていましたが注文してから最終的に佐川急便で配達まで半月以上かかり、こんなことならAmazon USAをポチればよかった・・

2017年9月5日火曜日

Vegas Pro 15を試す!レンダリング編

 投げ売りの流れでインストールした「Vegas Pro 14」でしたが、定期的に依頼されるH.264、WMVなど何でもありの編集では、とにかく編集作業の重さやレンダリングや遅さがネックで全く出番がありません・・
 8月末にアナウンスされていた「Vegas Pro 15」がリリースされバージョンアップすると何かしら内容が気になる悲しい習性で、早速インストールし、以下、30日の体験版の範疇での使用した率直な感想で、断っておきますが、記事に対して報酬があるはずもなく、自分なりにNLEソフトの良し悪しと、使いこなしや、その他、細かいことに関しては人様より多少は極めていると勝手に思い込んでいますが、あくまで個人的な感想で内容の正確性に関しては無保証です。

2017年7月14日金曜日

映像も様々ですが!やはり4K

 一時期、韓流に侵食されレンタルビデオ店にせっせと通っていた嫁さんのPCでネット動画(アマゾンプライム、Hulu)を鑑賞できるようにしたら、最近は鑑賞したい作品を検索できるレベルになりティーバーは画面が小さい・・等々、画質についても文句を言うようになりました。
更に、鈴木亮平主演の銭形警部を見てから刑事ドラマの面白さに覚醒してしまい、ゴールデンタイム時間帯の地上波放送は警察関連のドラマで嫁さんの占領時間帯です。
困ったことは嫁さんのPCでアマゾンプライムビデオを鑑賞できるようにしたために注文履歴がバレバレになり無駄遣いが出来なくなりました・・

2017年7月9日日曜日

今更ながらVegas Pro 14

 以前、このブログでVegas Pro 14について触れたら予想外のアクセスがありました、個人的にはライセンスがないのでNLE編集から引退させていましたが、過去にはウエブリブログでVegas Proに関するブログ記事の数は日本でトップクラスのTIPSをばら撒き散らし、NLEお勧めソフトでVegas Pro 信者を増やしたのも事実で、いまだにVegas Proの使用方法について質問を受けることがあり過去に利益をもたらしてくれた人に「使っていないから知らない」と冷たくあしらうのも気が引けていました。

2017年5月30日火曜日

Huawei P10 64GB VTR-L29による4K映像は?

 昨年から使用しているスマホはHuawei  P9を使用していましたが、海外でHuawei  P10が発売され、個人的に新しい物好きの悪い性格は相変わらずで、海外のサイトではHuawei P10 64GB VTR-L29ゴールドが560USドルまで価格を下げてきたのと、使用中のHuawei  P9の引取先が決まったのでリスクは承知の上でポチってしまいました。

本当は他のカラーモデルが欲しかったのですが同じようなカラーであれば機械音痴の嫁さんに買い替えたのがバレないと考えゴールドを選択し案の定、全く気付く気配がありません。

2017年5月8日月曜日

「LUMIX DC-GH5」実践撮影

  夏まで待てばいいのに・・・「LUMIX DC-GH5」以下DC-GH5は発売当初は一時品不足になりましたが最近は各ショップに「在庫有り」の表示を見かけるようになると、物欲を抑えきれずにポチってしまいました。
「DMC-GH4」と画質等の比較検証するまでもなく見ただけで明らかに精彩感が別次元のレベルです。
4K/30pのカクカクとした動きに目に慣れているせいか、4K/60pの映像の滑らかさと4Kモードにすると画角が望遠寄りにシフトしていた従来機と異なりイメージセンサーによるボディー内の手振れ補正をONにしない限りは、従来の弱点と思っていた望遠側に画角が切り替る不満点が解消されたことは歓迎すべき点で技術の進歩を感じます。
購入早々ファームウエアーが提供され、追加された1080/60p 4.2.2 10Bitで撮影した映像を編集をしたら4GHzの6コア12スレッドのCPUでも重い・重い・の一言・・これが4K /60p 4.2.2 10Bitであれば編集は更に激重になるのは明らかですが、今のところ、そんな映像の需要があるとは思えません。

2017年4月9日日曜日

Windows 10 Creators Updateについて

 なんぼネタがないからといっても1月以上更新を放置しておく訳もいかず久々の書き込みです。
Windows 10 Creators Updateが4月11日より提供開始されますが、ダウンロードページ[今すぐアップデート]をクリックして自動更新を待つことなく手動でアップデートを行いましたが、1セットPCのアップデートに失敗して元のバージョンに戻されてしまい、うまくアップデートしたPCは起動に時間がかかり、送り状発行や会計ソフトが動作しなくなりました・・・
経験上、Windowsの新バージョンに相当するアップデートは旧環境を引き継ぐために、どうしても起動が遅くなったり、動作しなくなるソフトがあるので面倒でもクリーンインストールしたほうが無難のようです。
そこで必要なファイルのバックアップは保存していたのでクリーンインストールすることにし、幸いWindows 10のライセンスはマイクロソフトアカウントに紐付されているのでライセンスを気にする必要はありません。

2017年3月3日金曜日

Movie Pro MX3タイトル機能・・

 映像で曲がりなりにも収入を得る立場で今年一番注目されているカメラはPanasonic Lumix GH5に間違いなく発売前から予約殺到で購入にしばらく待たされそうですが、筆者に4K/60p納品の需要があるはずもなく、半年以上待てば、その頃には価格も安くなっているだろうし、有償アップグレードでV-Log Lや 4:2:2/10bitのALL-Intraにファームアップしているはずだから完成形を見てから考えたいと思っています。
それにしても23万円そこそこで、高価な業務用ビデオカメラをぶっ飛ばしてしまうスペック・・いい時代になったもので、2009年頃からGH2をビデオカメラとして使用しGH3、GH4を選択してきたのはデジイチをビデオカメラとして使用する選択肢は間違っていなかったと勝手に思っています。

2017年2月28日火曜日

HUAWEI novaの4K動画は?

 個人的にスマホに関しては、親元を離れた息子宛に毎月送られてきていた見開きの明細書を処分していいとの事で請求内訳を見たら端末代金を含めて1万円オーバーに驚き、当時はスマホを導入しただけで理不尽で高額な料金体系に納得するほど金銭的な余裕はなく導入は遠慮していました。
 某政党の圧力で格安SIMが登場したおかげで新しいもの好きな割にはスマホの導入は後発の部類です。
 おかげでスマホに関しての固定費は嫁さんの端末、筆者のデータ専用、通話とデータの端末3台で通話料込み毎月5,000円からお釣りがくる負担の余裕で携帯端末はWindows Phone、Android端末を取り換え引き換えして地雷を踏みまくりました。
それでも地雷踏んでもネットオークションで処分して損失を最小限に抑えてきました。