2017年5月8日月曜日

「LUMIX DC-GH5」実践撮影

  夏まで待てばいいのに・・・「LUMIX DC-GH5」以下DC-GH5は発売当初は一時品不足になりましたが最近は各ショップに「在庫有り」の表示を見かけるようになると、物欲を抑えきれずにポチってしまいました。
「DMC-GH4」と画質等の比較検証するまでもなく見ただけで明らかに精彩感が別次元のレベルです。
4K/30pのカクカクとした動きに目に慣れているせいか、4K/60pの映像の滑らかさと4Kモードにすると画角が望遠寄りにシフトしていた従来機と異なりイメージセンサーによるボディー内の手振れ補正をONにしない限りは、従来の弱点と思っていた望遠側に画角が切り替る不満点が解消されたことは歓迎すべき点で技術の進歩を感じます。
購入早々ファームウエアーが提供され、追加された1080p/4.2.2 10Bitで撮影した映像を編集をしたら4GHzの6コア12スレッドのCPUでも重い・重い・の一言・・これが4K /60p 4.2.2 10Bitであれば編集は更に激重になるのは明らかですが、今のところ、そんな映像の需要があるとは思えません。